Posts Tagged 関節運動反射

歯を食いしばって出来る事、出来ない事。。

皆さん、ご無沙汰しています。

10月8日(月)体育の日にスキーヤー&ピラティスインストラクターとして活躍されているみやのゆきこさん主催によるワークショップにゲスト講師として”関節運動反射とジョイントモビリティーエクササイズ”について紹介させて頂きました。
そこで伝えたのは『何かが出来なかったら、やり方を変えると言う事。そして自分自身への言葉にも気をつけること』『また根拠の無い自信でも良いので、まずはそこから始める事』です。

なぜこの事を伝えたかと言うと、参加者のある方が自己紹介の時に『自分は関節が固い』と言っていてワークショップ前には前屈をした時にほとんど手が床に付かない状態でしたが、ワークショップの途中で『人生で始めて五本の指がしっかり着きました!』となったにも関わらず、すぐその後に『いやあ、自分は固いんで。。』といつもの自分に戻ってしまったからです。
まず最初になぜその方が五本指をしっかり着けられるようになったかと言う理由ですが、それは脳が防衛反応を出して身体を固くする理由をなくしたからです。方法はZ-healthで教わったジョイントモビリティーエクササイズを使いました。身体のほぼ全ての関節をしっかりと使うと、関節周辺にあるセンサー(固有受容器)からの情報が脳に伝わります。そうするとエクササイズ以前には脳に対して情報を送っていなかった部分のスイッチが入るので、身体は『あ、そんな骨や関節もちゃんとあるんだ!』と理解し、『それだったら防衛反応を取り除いて柔らかくしてあげよう!』となるのです。

ちなみに身体のセンサー(固有受容器)と痛みのセンサーはアクセルとブレーキのような関係性がありますので、ジョイントモビリティーエクササイズのやり方によっては痛みも緩和したり、場合によっては無くなってしまいます。

話を元に戻して『何かが出来なかったら、やり方を変えると言う事』を伝えた理由は、私達は往々にして『歯を食いしばって頑張ればいつかは報われる!』『ここで踏ん張れば結果が出る』と思いがちです。でも例えば、普通にストレッチをしてやはり関節が固いのあれば『そのストレッチの仕方は今のあなたの身体には合っていない』のであり、その方法を変えなければ、同じ結果しか出ないのです。。だからこそ例えば、ストレッチしてもハムストリングスが固くて前屈が出来ないのであれば、やり方を変えてあげれば良いのです。ちなみにやり方としてはハムストリングスと対応している距骨下関節(ハムストリングスに対応しています)を動かしたり、今まで使っていない眼球運動をしてあげる事などです。(他にもやり方はあります)

『そして自分自身への言葉にも気をつけること』『また根拠の無い自信でも良いので、まずはそこから始める事』の理由は脳はイメージしている事と、実際に動いたときの区別が付かないので毎回ストレッチをしている時に『自分は固い』と頭の中で考えてしまった時点で脳はそれに対して反応し、それを具現化します。でも根拠の無い自信でも良いので『私なら出来る』と思い、さらに一歩進んで『ではどうしたら今、出来ない何かを出来るようになるんだろう?』と質問してあげると脳の特性として“質問を投げかけてあげると脳はその答えを探し続ける”ので現在持っている情報で解決策を提供してくれます。ただ身体の動きでも何でも必ずしもすぐには上手く行きません。でもそんな時にも粘り強く様々な角度から身体の事をじっくり考えてあげると、出来ないと最初は感じる事も段々出来るようになるのです。この部分は努力が必要ですが。。

先日参加したフランクリンメソッドの創始者でもあるエリック・フランクリンさんもイメジェリーの講義で下記の事を言っていました。
“If you want to change your body, start by changing your mind”(もし身体を変化させたかったら、まずは考え方を変えなさい)
“歯を食いしばって頑張る”と“最善の方法を探すために正しく努力をする”事は似て非なるものです。頑張る事は良い事だし、僕自身も歯を食いしばって色々とトライした時期もありました。。でもそのせいで20代で胸腰移行部ヘルニア、頚椎損傷に伴うしびれ、右膝内側副側靭帯損傷等々、数えきれないくらいのケガに見舞われました。でも身体の動かし方を知らず、無理な使い方をした結果なのです。でも少しづつ身体の事を理解し始め、理に適った動き方を身につけ始めたおかげで現在の方が20代の時より動けるようになりました。
だからこそ“歯を食いしばって頑張っているが結果を出せない人”は近所にあるピラティス、ジャイロトニック、ヨガインストラクター、またフェルデンクライス、アレクサンダーテクニック、ロルファーなどのボディーワーカーに相談してみてください。ちなみに何かのメソッドをトライして結果が得られない場合でも決して「そのメソッドは利かない』と言う解釈は避けて、そこはその先生から学ぶ所は学んで、他の先生を何人か探して少しずつでもあなた自身の身体についての取り扱い説明書を学びましょう!

もしくは取り敢えず芳野香さんの著書である以下の本を読んでみてください。
僕が身体について考える事、そしてそれ以上を言葉で表現されています。本当に素晴らしい本なのでお薦めです。

アレクサンダー・テクニックの使い方―「リアリティ」を読み解く

ご意見、ご感想をお待ちしています。

またワークショップ等、開催希望がある場合はお気軽にメールにてご相談下さい。

fmskazutakaara@gmail.com

アラ

Advertisements

, , , ,

2 Comments

PLC モジュール1&Mixer@ナチュラルフローを終えて

こんばんは。

6日間のマリジョゼ先生によるピラティス養成コースの通訳が終わりました!いつものクラスもそうですが、それ以上に今回のグループはまとまりがあり、笑いあり涙ありのクラスで今は充実感に浸っています。そして僕はそばで見ていただけでしたが、みなさんの動きがどんどん変化してピラティス(ボディーワーク)の可能性を再確認できた6日間でした!

そして昨日はMixerと言うイベントがありましたが、まず自分が関節運動反射のデモをさせて頂き、身体にスペース、またピラティスやジャイロトニックで重視しているOppositional length tension(反対方向に引っぱり合う力を出しつつ長さを身体に出すこと)がどれだけ脳にとって重要かを説明しました。ただ昨日はZ-healthで学んだこと以外に自分がクライアントさんを施術する中で気付いた事もシェアさせて頂きました。

例えば、『関節が詰まっていると筋肉の出力が下がる』と言うのは”荒和尚オリジナルメソッド”の説明でもしていますが、それ以外にも例えばバレエなどでのターンアウトの時にお尻をギュッとしめてしまったり、顔をこわばらせたり、ジャイロでNarrowをし過ぎてしまう等々、ちょっとした身体の動かし方のニュアンスの違いで結果は大きく変わってくると言う事です。

その後、Mixerではマリジョゼ先生による筋膜についての最新動向、そしてそれらの研究を考慮したピラティスエクササイズを用いての身体の使い方を指導して頂きました。そして締めの所では運動連鎖アプローチ研究会代表の山本尚史さんとマリジョゼ先生の間でのお話があり、とても興味深いものでした。たまに山本さんのブログを覗かせて頂いていますが、読んでて『どれだけ山本さんは身体について知っているんだろう。。』と思うぐらい情報量が凄いです。興味がある方は是非。

ちなみに6週間前に発売された本 Fascia: The Tensional Network of the Human Body: The science and clinical applications in manual and movement therapy, 1e には『ピラティスと筋膜』のようなタイトルでマリジョゼ先生が寄稿しています。ボディワーカーの方にとっては必読書だと言っていたので近い内に注文したいと思います。またMixerの前のワークショップでは上記の本に『ジャイロトニックと筋膜』と言う章を設けるべきだと言っていました!

最後にこのホームページ/ブログでお伝えしていませんでしたが、僕は毎週土曜日ジャイロトニック鎌倉さんでお世話になっています。鎌倉のセッションで感じるのはお客様がセッション前にすでにリラックス出来ていて『鎌倉の気が身体にもやっぱり良い??』と思う事があります。そしてそんなリラックスした状態で身体と向き合い、そこで見つけた感覚を田中慎一さんと一緒にジャイロトニックの動きに繋げると身体に可能性を感じられると思います。情緒あふれる鎌倉を訪れ、自身の身体を再発見したい人にはお薦めです!

カズ

, , , , ,

Leave a comment

%d bloggers like this: