Posts Tagged ジャイロトニック

“Movement is medicine”-セラピスト/治療家が動きを学ぶ必要性について

皆さん、ご無沙汰しています。

かなり前の話になりますが、僕は去年の7月15日〜27日までの2週間、ジャイロトニックのファウンデーションコースを受けました。きっかけとしては一昨年にドイツの理学療法士でもあるUwe HerbstreitさんのGyrotonic-Therapeutic Applicationと言うコースの通訳をして『これは絶対にセラピーに取り入れられる!』と確信したからです。

ではそもそもなぜにジャイロトニックを受けようと思ったかと言うと、”Movement is medicine”と信じているからです。

医学の父として知られるヒポクラテスの宣言に”First, do no harm” “(患者さんにとって)害になるようなことをしてはいけない”とありますが、 これはどういう意味なのでしょうか?これは医師が治療を施すにあたって、害を与えるようなことをしてはいけない。また薬には基本、副作用があるのでその妥当性を見極めて処方をするべきと言う事なのです。

ではエクササイズを指導したり、セラピストとして関節を動かしたりするときはどうでしょうか?

これは医療と同様で諸刃の剣であり、その動きの出し方や導き方(力加減や力の方向性)、意図(イメージなど)などによって効果のあるエクササイズが身体にとって良くもあれば必ずしもそうでない場合があります。

と言う事は動きを3次元でしっかりと理解出来ていないセラピスト・治療家に施術を受けると、それを受けているクライアント/患者さんの身体はその動きしか知らない身体になり、重力下で動いた時にあまり活かされません。

またここで重要なのが、施術だけでセッションを終わらせずに動きに繋げると言う事です。もちろん個々のクライアントさんの許容範囲が違いますから、動くこと自体がストレスになってしまう場合もあり、動きの導入時期は熟考すべきですが。。

これは勝手な予測ですが、今後セラピストでムーブメントも指導出来る、もしくはピラティス、ヨガ、ジャイロトニック等の指導者だけれどセラピーも出来ると言うような人達がどんどん増えてくると思います。そして今後、日本の超高齢化社会に本当の意味で役に立てるのは上記のようなハイブリッドなセラピスト/動きの指導者なのかなと思います。

また今はソチ冬期オリンピックで盛り上がっていますが、ハイブリッドなセラピストや動きを網羅しているボディーワーカーなどがチームに加わればもっと結果が出るのになあと思うのは僕だけでしょうか??

フィギアスケートでボーンリズムとかを取り入れてジャンプから着地の練習をする等々…

ご意見、ご感想をお待ちしています。

カズ

追伸、

そんな事を考えつつも7月にあるジャイロトニックの最終認定に向けて練習しなくては。。と焦っています。

,

Leave a comment

夢を持っているヒト、応援しています。

こんばんは。

今回は自分の施術と妻のジャイロトニックを受けてくれている高校生バレリーナの風間美玖ちゃんがジョージアのCM『おきろ、夢』に出演しているので、是非見て頂きたいと思いこの投稿をしています。

時間的には短いですが、彼女らしらが凝縮されていると思います。バレエで実際に生計を立てられる人は確率的には低いのが現状です。でもそんな中でひたすら夢に向かって努力をする姿を見るのが好きだし、自分自身もそうでありたいと思っています。

夢。

それは、誰もが持っていたもの。
今も、どこかに持っているもの。

あなたが夢を忘れても、
夢はあなたを忘れない。

小さくてもいい。かなわなくてもいい。
大切なのは、思いをしまっておかないこと。
それだけで、毎日はすこし変わりだす。おきろ、夢。

ジョージア

先日、”アシタスイッチ”と言うテレビ番組で松山ケンイチさんと西田シャトーさんが対話をしていて『想像しないと知ることができない領域がある』と西田さんが言っていて何か心に響いたのですが、やはり夢は想像しないことには何も起こらない。だからこそ少しでも想像してみて、そこから実行に移して行けば知り得ることがある。

皆さんは何を糧に生きていますか?

それは夢ですか?もしくはそれを本気で模索してる途中ですか?

そんなヒトを応援しています。

カズ

, , ,

Leave a comment

Magazine Feature

Aging bible

Hello!

A few days ago, we were featured in a magazine called “Aging Bible” (page 123), which targets women in their 40’s and 50’s. The magazine is published by Shueisha, and it comes out on an irregular basis. This edition is called 骨トレ, which means “bone training” if you translate it directly.

DSC_0403

One well-known chef here in Japan, named Michiko Matsuda, has been practicing GYROTONIC® with me for about 2 years now, in addition to taking my husband’s manual therapy session for about 6 months. The article talks about her advice on what to eat in order to keep your bones healthy, as well as how GYROTONIC® helps to strengthen the bones in your body.

If you read Japanese, you can find the magazine at major bookstores:)

Kristine

GYROTONIC and GYROKINESIS are registered trademarks of Gyrotonic Sales Corp and are used with permission.

, , , ,

2 Comments

PLC モジュール1&Mixer@ナチュラルフローを終えて

こんばんは。

6日間のマリジョゼ先生によるピラティス養成コースの通訳が終わりました!いつものクラスもそうですが、それ以上に今回のグループはまとまりがあり、笑いあり涙ありのクラスで今は充実感に浸っています。そして僕はそばで見ていただけでしたが、みなさんの動きがどんどん変化してピラティス(ボディーワーク)の可能性を再確認できた6日間でした!

そして昨日はMixerと言うイベントがありましたが、まず自分が関節運動反射のデモをさせて頂き、身体にスペース、またピラティスやジャイロトニックで重視しているOppositional length tension(反対方向に引っぱり合う力を出しつつ長さを身体に出すこと)がどれだけ脳にとって重要かを説明しました。ただ昨日はZ-healthで学んだこと以外に自分がクライアントさんを施術する中で気付いた事もシェアさせて頂きました。

例えば、『関節が詰まっていると筋肉の出力が下がる』と言うのは”荒和尚オリジナルメソッド”の説明でもしていますが、それ以外にも例えばバレエなどでのターンアウトの時にお尻をギュッとしめてしまったり、顔をこわばらせたり、ジャイロでNarrowをし過ぎてしまう等々、ちょっとした身体の動かし方のニュアンスの違いで結果は大きく変わってくると言う事です。

その後、Mixerではマリジョゼ先生による筋膜についての最新動向、そしてそれらの研究を考慮したピラティスエクササイズを用いての身体の使い方を指導して頂きました。そして締めの所では運動連鎖アプローチ研究会代表の山本尚史さんとマリジョゼ先生の間でのお話があり、とても興味深いものでした。たまに山本さんのブログを覗かせて頂いていますが、読んでて『どれだけ山本さんは身体について知っているんだろう。。』と思うぐらい情報量が凄いです。興味がある方は是非。

ちなみに6週間前に発売された本 Fascia: The Tensional Network of the Human Body: The science and clinical applications in manual and movement therapy, 1e には『ピラティスと筋膜』のようなタイトルでマリジョゼ先生が寄稿しています。ボディワーカーの方にとっては必読書だと言っていたので近い内に注文したいと思います。またMixerの前のワークショップでは上記の本に『ジャイロトニックと筋膜』と言う章を設けるべきだと言っていました!

最後にこのホームページ/ブログでお伝えしていませんでしたが、僕は毎週土曜日ジャイロトニック鎌倉さんでお世話になっています。鎌倉のセッションで感じるのはお客様がセッション前にすでにリラックス出来ていて『鎌倉の気が身体にもやっぱり良い??』と思う事があります。そしてそんなリラックスした状態で身体と向き合い、そこで見つけた感覚を田中慎一さんと一緒にジャイロトニックの動きに繋げると身体に可能性を感じられると思います。情緒あふれる鎌倉を訪れ、自身の身体を再発見したい人にはお薦めです!

カズ

, , , , ,

Leave a comment

筋肉を意識して動く vs 骨/関節を意識して動く

こんばんは。

正直言って、今回のタイトルである“筋肉を意識して動く vs 骨/関節を意識して動く”を1年前に見たら、一ミリも疑わずにそりゃ筋肉でしょ!と思っていました。

ただ僕の好きなアインシュタインの言葉:

Insanity: doing the same thing over and over again and expecting different results.

(狂気とは:同じ事を繰り返し行い、違う結果を期待すること。)

を自分の身体の使い方に当てはめて考えると、ウェイトトレーニングを始めて最初の5年ぐらいは良かったのですが、2000年の頸椎損傷の後は負のスパイラルにハマり、一時期は鎮痛剤の最大限の用量と筋肉弛緩剤を平行して使わないと練習すら出来なくなっていました。その後、Muscle Activation Techniques (MAT)を勉強し『ケガや痛みを改善する』と言う観点では自分の首からのしびれや腰のヘルニアも良くなったのですが、頭の片隅で『ずっと筋肉に固執して来たけど、本当にそれで良いのか?』と考えていた所、Z-healthの事を知りました。

そして去年の8月にZ-healthの資格を取り、『脳に対して影響力が強いのは筋肉よりも骨/関節である』事を実体験として得ました。そこでSerendipityが起こり、同時期にマリジョゼ先生のピラティス養成コースジャイロトニック指導者コースに通訳として担当させて頂き、その事が実証されているのを垣間見て『骨/関節を意識して動いた方が絶対に良い!』と確信に変わりました。

もちろん筋肉を意識すると最初は動かし易い所も多々ありますし、そういう時期があっても良いでしょう。でもそうすると見た目の良い身体にはなるのですが、動きのクオリティーを上げたいと思った時に頭打ちになるのです。

あなたは筋肉派、それとも骨/関節派?

カズ

, , , , , , , , ,

Leave a comment

%d bloggers like this: