serendipitybodywork

代々木公園近くにあるスペースセレンディピィティーにてボディーワークとジャイロトニックのサービスを提供しています。

Homepage: https://serendipitybodywork.wordpress.com

Cheers!

Hello!:)

How are you all surviving this hot summer weather?? (For those of you in Tokyo anyway).

This was the theme for today’s Toastmasters meeting that I attended. “How to survive”. I recently joined the Aoyama Lunch Toastmasters Club here in Tokyo to work on my communications and leadership skills. For those of you who don’t know, a Toastmasters Club is a place where people get together to work on their public speaking skills, and to gain more confidence in speaking in front of an audience. People of all backgrounds and goals can join, and it is a very safe and fun learning environment! Personally, one of my biggest fears is talking in front of a group of people, so I thought to myself: What better opportunity to grow and gain more confidence than to working on and overcoming this fear?

I have to admit that it took me a while to muster up enough courage to apply for a membership at the Club. In order to become a member at Aoyama Lunch Toastmasters Club, you have to attend 2 meetings as a guest first. My first attendance was together with my husband right before the earthquake last year, as he had been recommended to check it out by one of the experienced members there. In all honesty, after that meeting, I was very intimidated by the high level of speaking ability and professionalism of all the members, and I thought that this would be too much for me. I was scared!

Then, after not thinking about Toastmasters at all for a year, it suddenly came to my mind again this past April, and I knew I needed to get over my fear and challenge myself to attend another meeting. This time by myself. I attended the second time as a guest in May, with more confidence and determination to keep going and to join the club. I can’t tell you how happy I am that I did! Although today was only the 3rd meeting as an official member, I am already learning a lot, and feel very privileged to be surrounded and welcomed by so many experienced and wonderful speakers.

I did my first “Ice breaker speech” last month to introduce myself to the other members. Although I was nervous, it was a great experience, and not as scary as I thought. After all, the subject of my speech was a very familiar one. The great thing about Toastmasters is that you can totally do things at your own pace, and you can decide yourself when to hold your next speech. Obviously, the more speeches you hold, the better you get, but there are also a lot of other roles you can take during the meetings, such as being a timer for those who are holding the speeches, evaluating the speeches, or Toastmaster of the Day etc. There are different difficulty levels of the roles, and you can slowly work towards taking on more higher responsibility tasks. Today, my role was to count the Um and Ah’s, or unnecessary fillers people used in their speeches and talks. It challenges your listening skills and ability to keep concentrated.

How about you? Have you ever attended any Toastmasters meeting? Or, have you recently started any new and fun (or perhaps scary) challenges for yourself?

I hope to hear from you.

 

Kristine

,

Leave a comment

9月キャンペーン!ピラティスインストラクターの方対象です。

こんばんは。

何かとお仕事でピラティスのインストラクターさんに関わる機会が多く、また動きで変化を求めても難しい所の改善をお願いされる事が多くなっています。

あるクライアントさんは目の機能の左右差が激しく、難しいエクササイズになった時に緊張してエクササイズをこなすのが大変な状態でした。でもご自身の目の使い方を知り、それを心がけて生活するようになったら2ヶ月ほどで普段の姿勢が変わりピラティスも上達されていました。

眼と背骨は切っても切り離せない関係性があります。例えば、眼球を上に動かしながら前屈をしてみてください。

とても難しいですね。でも逆に普段から眼球を下に動かす事しかしていないと背骨を反らせるのが困難になります。と言う事は目にもある意味ニュートラルポジションがあり、そこが普段からずれていると様々な動きに防衛反応が出る可能性が出て来ます。骨盤や背骨のニュートラルがあり動く準備が出来ていても(もしくはアンカーポイントがしっかりあっても)、そこに眼が合っていなければマラソンでスタート地点に立っているが、前に何万人もの人がいるようなものです。。

そこで9月のみではありますが、ピラティスインストラクターさんの方のみセッションを¥2000オフで提供させて頂きます。(ジャイロトニック鎌倉で施術を希望される方は¥1000オフとさせて頂きますのでご了承ください。)

ですからピラティスインストラクターさんで『まだ私は動けるはず!でも何かが私にブレーキをかけている。。』と感じている方は一度、セッションにお越しください。

カズ

,

1 Comment

マリジョゼによるピラティス指導者養成コースの通訳終了!

こんにちは。

皆様、夏をいかがお過ごしでしょうか?

自分は8月5日〜16日まで中2日間ありましたが、10日間ピラティス指導者養成コースの通訳に励んでいました。

マリジョゼ先生によるピラティス指導者養成コースであるPilates Leadership Concept (PLC)は今回からモジュール2になり、前回モジュール1は受けたけれども2はまだと言う方達も集まりクラスは定員一杯でした。

マリジョゼ先生によるコースの特徴は既にピラティス他団体の資格をお持ちの方達が多いと言う事です。でもなぜ有資格者が集まるかと言うと、やはり詳細に違いがあるのでしょう。

“The devil is in the details”

と言う言葉は元々”God is in the detail(神は細部に宿る)”から来ているそうですが、マリジョゼ先生は動きの詳細を徹底的に気にしていて、妥協を一切許しません。でも妥協は許さないけれども個人個人の能力差を考慮し、毎回モデルになってエクササイズをする生徒さんの最大限の力を引き出せるように今までは到達した事のない動き(可動範囲)を導き、結果的に身体が変化して優秀なピラティストレーナーを輩出しているのだと思います。

詳細が全体に与える影響を理解して、そこに集中して動くから到達できる感覚。そんな時は本当に楽しいし、だから身体の勉強は辞められないんだなと改めて思いましたね。

ちなみに僕自身は“マリジョゼっ子”と言うニックネームを持つ高橋淳子さんに週に一回ではありますが、ピラティスのレッスンを受けています。さらなる飛躍を目指して今週からロスに3ヶ月行かれますが、帰国した時にはまたパワーアップされていると思うのでその際は是非、セッションを受けてみてください。とにかく動きのボキャブラリーが多いですし、彼女自身が年を重ねるのとは反比例して動けるようになっている事実が何よりも説得力があります。
PLCの後はコアインテリジェンスでしたが、3回目の通訳なのに改めて『そうか、それ重要だよね!』と言うように気付きの多いクラスでした。PLCの入り口になるコアインテリジェンスですが、動く為の基礎になる要素がたくさん入っていて『このクラスでやっている事を本当に使えるようになったら相当だよな!』と思いました。

今回も通訳としてコースに参加しましたが、マリジョゼ先生には動きの解剖学はもちろんですが、人として大切な事を教わっています。その中でも『やっぱり愛だよね』と言うのが特に大きかったです。知識がある先生方はこの世の中にたくさんいます。でも情熱と愛情を持って指導出来る人は少ないと思うので、『何かが上手く行かない。。』と行き詰まっている人にもお薦めのコースです。はい、お陰さまで僕の人生が良い方向に向かい始めました!!

カズ
追伸、

9月のみですがピラティスインストラクター対象にキャンペーンを行いますので興味のある方はどうぞ!

, , ,

Leave a comment

An update of recent life-changing “events”…

Hi everyone!

I am sorry for taking so long to follow up on my last post, where I talked about my “Crazy Sexy Diet” experience. It has now been a month and a half already since I finished the 21-Day cleanse, and I have to say that going through it was the best thing I could have ever done. It helped me to get started with the change I needed in my life. Although, I have to admit that I am no longer following as strict of a diet as I did with the cleanse. However, I am eating less meat and more vegetables than I used to, and using only soy milk with my cereal, as well as having no regular coffee at home. Although, I do drink it when I am out. Even though I am not as strict with my diet now, I notice myself craving less and less meat, and I feel that I will naturally move towards a more vegetarian or plant-based diet. I realized that the key here is the word “naturally”. Anytime we try to force ourselves to do anything, whether it is regards to our diet or something else, it just never goes well, as I am sure you have experienced.
Right after finishing the cleanse, I did a 3 day GYROTONIC® Level 2 preparation course with Authorized Master trainer Erika Hassan, which was a really fun and wonderful experience. I cannot tell you how happy I am that I did the cleanse before the course started. Had I not did it, I know I wouldn’t have been able to move as well, and my body probably wouldn’t have made the changes that it did. Although there is a limit to how much you can change in just 3 days, I felt that I passed my previous threshold on the last day, and am moving a little better than I used to:) What also helped this change to take place, I feel, was the fact that my mind was more clear and open towards new information after I did the cleanse. It is hard to explain, but I felt that I was ready to receive the stimulus to change.


Another thing that has helped my body to feel even better is spending more time in nature. Being lucky enough to work right next to the biggest park in Tokyo, I have been taking my groundsheet with me between sessions, and connecting with the earth and the green environment. I started this because I learned about a really interesting book called “Earthing”, which talks about the health benefits of connecting directly to the ground with your bare feet. By doing this, your body receives the healing energy from the surface of the earth, which automatically reduces inflammation in the body. I will talk more in detail about the book in a later post, but I can tell you now that I am feeling the effects of this with my own body! It is really amazing! And best of all, it is free! I have gone to Yoyogi park feeling a little pain with my neck and shoulder, and after lying down on the grass for 30 minutes to an hour, the pain went away! You should really try it for yourself. Even if you don’t have any pain, I can guarantee that you will feel more energized and refreshed afterward!

Have you ever read a book that totally changed the way you look at things? Well, I recently have been reading a series of books from an author called James Redfield, which is the most life-changing books I have ever read. What he writes about is something that I believe is very true, and it has helped me to realize many things about my own life and how I view things. Because the way I think has changed from reading these books, I can also feel my body changing as well. It is very interesting, and the first time I have experienced this. I will use another blog post to explain what his books talk about. Until then, I hope everyone is having a great summer!

Kristine

GYROTONIC and GYROKINESIS are registered trademarks of Gyrotonic Sales Corp and are used with permission.

, , ,

2 Comments

エアロヨガのすすめ!

今日は蕨にあるタタミスタジオにてボディーワーカー仲間とエアロヨガの初体験をしてきました!

感想はただただ楽しかった!!の一言に付きますが、良い意味でエアロヨガの良い点に裏切られました。写真を見ると、『こんなの私には出来ない!』と言う声が聞こえてきそうですが、実は天井から吊られている布(エアリアルティシュー)が思いのほか助けてくれて普通のヨガでは出来そうもないポーズも可能にしてくれました。普段では固い関節もちょっとした怖さを乗り越えて脱力さえ出来れば、いつもより確実に可動範囲を広げてくれます。その感覚をさらにイメージトレーニングで脳に少しづつ学習してもらい、それを思い出すようにすれば他のスポーツやダンスなどにも応用できると思います。

またエアリアルティシューの生地はポリエステル100%で伸縮性に優れていて、ハンモック好きの僕も納得の行く心地良さでした!普通に包まれて揺りかごのように使えばリラクゼーションにもなるし、吊られているので自分の身体のバランスが崩れていればその方向に傾いてしまったりと布との関係性が色々な気付きを与えてくれます。あとは布を股関節や肩関節の所に当たるようにして(上の写真のようなポーズ)、そこから起き上がっていくと加圧トレーニングの様に加圧して除圧する感じでリンパや血液の流れもよくなり、実際に帰ってくる時に僕も含めた3人の身体がポカポカした感じになりました。ちなみに定期的に行う事により生理痛や便秘も改善/解消されるそうです。でも無理をせず、定期的に続けていけば実際に効果があるし、エアロヨガかなり汎用性がありそうです。

一ヶ月に一回ぐらいしか行けそうにありませんが、ちょっと続けてみたいと思います!!

興味がある方はレギュラークラスの都合が付かなくても3人以上いればクラスをして頂けるそうです。実は今日もそれでクラスをして頂きました。アイコさん、ありがとうございました!
カズ

,

Leave a comment

健康は考え方次第で変わる??

こんばんは。

最近、僕のお客さまでとても笑顔の素敵な86才の方がいらしているのですが、生き字引的な存在で毎回施術をしている僕の方が勉強させてもらっています。

その中でもスゴいのが彼女の考え方です。長崎からおよそ50キロ離れた場所から実際に原爆を目の当たりにしていると言う事で『被爆手帳とか持っているんですか?』と聞いたら『申し込む事すら考えつかなかったですし、その当時は放射能すらみんなが分からない時代ですから!おほほほほ!!!』とのコメント。。良い意味で全く意に介していない意見に驚くと共に、改めて物事は解釈次第で意味が変わるんだとお手本を持って教えて頂きました。

そして彼女や他の年配でも健康な方は“社会で自身の役割を見つけて、それに対して努力をし、実行している人”が多い様な気がします。逆に言えば、自分自身を押さえて押さえて自身の心の声に耳を傾けなかった人達は健康問題で苦労されている場合が多いと思います。。

今日はドイツ在住の日本人ピラティストレーナーの方とお話する機会があったのですが、始めてお会いしたのにかなり深い話が出来て話しただけなのに自分がかなり元気になったのが分かりました!

かなり強引ですが、そうすると以下の関係性が考えられます:

他者との深い会話/相互理解 ⇒ 免疫力アップ ⇒ 健康の向上

他者との当たり障りの無い会話⇒ 免疫力ダウン ⇒ 健康の低下

当たり障りの無い会話を回避するのは結構、難しいです。それでもそんな機会を減らす選択は可能ですから、そんな時に『そもそも私は何を怖がって当たり障りの無い会話をしているのだろう?』と自問自答してみたり、相互理解を深める為にも『自分は何を大切にしてどのような価値観で毎日の生活を送っているのか?』と自己探求をすると良いのかなと思っています。『そんな時間、私には無い、毎日の生活で手一杯』と言う人もいるでしょう。でもその時間は必ず有益なものになるし、むしろそれは目的意識の無い英語勉強や資格勉強より長期リターンを得られると思います。

あなたの考え方は健康に繋がっていますか??それとも逆でしょうか?

 

 

カズ

Leave a comment

眼と動きの関係性

『全身が眼であり、耳であり、胃であり、足である』

最近、沖ヨガで有名な沖正弘さんの『眼が良くなる本』と言う本を読んだのですが、上記の一文に凄く納得したのでシェアします!

僕は以前から身体を西洋的(眼科、耳鼻科、内科、外科等々)に分けて考えるのに疑問を持ちつつ、自分のクライアントさんでも『眼や耳の悪い方が動きの問題も改善しにくい。。』と言う事実に悩まされていました。そしてZ-healthで眼と背骨のつながりなどを学んでからは少しづづではありますが、眼のトレーニングを取り入れて結果を出せるようになってきました。こちらはアロマセラピストの大久保さんが書いてくれた感想です。

実際に眼の動かし方を変えるだけで可動範囲(特に首)はもちろん、場合によっては痛みも一瞬で消える場合があるのです。また耳もあるクライアントさんの場合は聞こえるようになってくるケースがあり、手の細かい骨を動かすと消化が始まり、足の足根骨が変わると眼がはっきり見えるようになったりします。(もちろん毎回成功するとは言えませんが。。)

ですから今後はボディーワーカーも『全身は眼であり、耳であり、胃であり、足である』と言う事実を知り、そこに対してもアプローチをするニーズが増えるのではないかな?と考えています。

あなたは眼の問題を眼だけの問題だと考えていますか?それとも全身に相関していると思いますか?

その考え方次第で身体の見方は変化してくると思います。

興味のある方は『眼がよくなる本』を手に取ってみてください!!

カズ

, ,

Leave a comment

What is possible?

こんにちは。

“What is possible?”とタイトルにありますが、皆さんは何が可能で何が不可能だと信じていますか??

この問いに対しての答えは様々だと思いますが、人間は一様にして一度『何かが出来ない!』と言うレッテルを貼ってしまうと、そのレッテルを剥がそうともせず一生それを引きずってしまう場合があります。

『私は◯◯が出来ない。。』と言って挑戦しないのは簡単です。また挑戦しても蹴散らされる事もあるでしょう。。でもそこから『もう一度だけやってみよう!』とトライしてみると案外出来る事は多かったりします。

例えば、ワシントン州立大学付属の語学学校に通っていた時、大学の学部に入るために合格しなければならないクラスで見事に砕け散った時があります。あまりの自分の英語力の無さに、『やっぱり自分にはアメリカの大学なんか入れるはずがない。。』とレッテルを貼り、やるせない気持ちで年を迎えたのを覚えています。でも当時の友達に励まされたのと同時に、『もう一回やってみよう!』と心機一転してトライしたら何とか合格する事が出来、時期は遅れましたが秋からの入学を決めることが出来たのです。

身体についても『何が可能か?』を私達は決めてしまいます。一番大変なのは権威のある方、例えば医師の方に『もうこの膝は手術しないとダメですね。。』とレッテルを貼られてしまうと、これを剥がすのは至難の技です。そんな時に『医師が言っているのだから仕方が無い。。』と言うのも一つの選択肢だとは思いますが、何かが絶対と言う事はありません。。医師の方も人間ですし、医療であっても不確実性があるので、良い意味で疑ってみると結構、違う世界が見えてきます。興味がある方は以下のリンクで医療が100%では無く、その信頼性と限界がある事が分かるので動画をご覧になってみてください。

ですからそんな時に『いや、まだ手術以外に方法があるばず!』とアンテナを張っていると、不思議と必要な情報が入ってきたりします。実際に優秀なボディーワーカー/トレーナーの元で施術なり、トレーニングを受け膝を手術しなくても良いケースはよくある話です。

ちなみにアテネ五輪の女子マラソン金メダリスト野口みずきさんが左ハムストリングス炎症の問題を抱えていますが、そもそもあれはハムストリングスに問題が現れているだけであってそれは症状に過ぎないのです。。そしてそこをいくら強化しようとも違う視点で身体を捉えなければ彼女の本当の意味での復帰は難しいでしょう。。

話が少し脱線してしまいましたが、僕は言いたいのは以下に集約されます。

“We can’t solve problems by using the same kind of thinking we used when we created them.”(私達の直面する問題はその問題を作ったときと同じ考えのレベルでは解決することはできない)アルベルト・アインシュタイン

私達は考え方を変えずに同じやり方を繰り返し、同じ結果を得て『あ〜、やっぱり私には無理だ。。』と言い訳します。でもあなたは本当に全ての可能性にトライしてみましたか?

僅かなチャンスであれ、やり方を変えれば必ず結果も変わります。でもそれが思惑通りには行かないかも知れません。でもそこで『あともう一回だけやってみよう!』とエジソンのように続けることが重要だと思うのです。

みなさんはどうですか?

自分にレッテルを貼って、可能性がある芽を摘んではいませんか??

最後に一歳でポリオを患い、下半身麻痺があるにも関わらず松葉杖ダンサーとしてシルク・ドゥ・ソレイユでデビューした方の動画をどうぞ!(彼の運動野がどの様に変化しているか誰か研究してくれませんかね??)

 

カズ

, , ,

Leave a comment

My “Crazy Sexy Diet” Experience

Hi Everyone!

As you can see from the title and picture, I recently started a personal challenge in regards to my diet. I have been thinking for a long time now that I want to try detoxing my body, and I ran across Kris Carr‘s book on the internet a few weeks ago. I know, the title seems a bit iffy, right? At least, I thought so at first. But then I got to know about the author’s personal story, which is really amazing, and I just had to get the book. Kris Carr was diagnosed with a very rare type of incurable cancer when she was just 31 years old. Although some doctors gave her only 5 years to life, she decided to take her health into her own hands, and started to seek out all the best doctors and specialists in the United States. What she learned, she incorporated into her diet and lifestyle choices, and because of what she did, it has now been about 10 years since she was diagnosed. Although the cancer cells are still there, she is keeping them under control with her diet and the way she lives. In addition to her “Crazy Sexy Diet” book, which became the number 1 bestselling book on Amazon after it was released in January last year, she also made her own documentary which tells her story as a cancer survivor. I think she is a real inspiration not only to cancer patients, but to anyone who wants a better life for themselves.

As for myself, I have been struggling with my stomach as well as those horrifying red dots in my face (pimples) for quite some time now, and I started getting really sick of having to worry about it. Kris Carr’s book talks about eating a mostly plant-based diet, meaning raw food, and she explains how things work in the body in a very simple way. At the end of the book, there is a 21- day cleanse you can follow to start detoxing your body. Basically, you should try to eat only raw food (vegetables, fruits, grains, nuts, lentils and beans), and drink lots of green juice, but vegetables can be slightly sauteed or steamed. Things that you should avoid includes meat, fish, dairy products, refined sugar (sweets), coffee, alcohol, and wheat (This means only gluten free flour). Being a meat, bread, sweets and coffee lover, I was a little skeptical as to whether I could really do this or not. But, I decided to give it a shot!

Today is my 10th day into the cleanse, and I have to say I feel a lot better! Although I still crave Starbucks coffee and some sweets from time to time, I am surprised that it hasn’t been more difficult than it has. That is not to say that it has been all sunny and uphill. On the third day, especially, I experienced an emotional setback, and longing for some sweets and coffee;) But, I managed to stay away because I really want to see how much I can change within 3 weeks. Every 7 days I am supposed to do a food fast and only drink green juice, water and herbal tea. I did that on Sunday, and it went surprisingly well, until the next morning. Then I had some really bad detox symptoms feeling very nauseous and my body very lethargic. Luckily, that passed throughout the morning. I am realizing more and more how much of the eating we do is related to our emotions and stress, and how much less food we actually need in order to function well. Although I already knew this, I never got to experience it before. For example, now I only have a green juice or smoothie in the morning, and don’t eat anything solid until noon. At first, I though this would be impossible as I really love my breakfast, but it turns out I am not even that hungry! On Sunday, I went to the farmer’s market outside the United Nations University in Omotesando. I never knew about this before, but apparently every weekend they have a market there with farmers selling their vegetables, breads, oils, grains and nuts, as well as different food stands where you can get healthy lunch and juices! They have a nice variety, and I will definitely go there again!

Since I am only half way through the cleanse, I can’t tell you how it all went yet, but I can definitely say that I am glad I am doing this, and that I will follow through. I might even try to continue even after the 21 days. At least for the most part, although I think I will have the occasional coffee and sweets:)

I will let you know how things go as I continue with the cleanse.

In the meantime, did you ever try a detox diet before? How did it go? Did you have a hard time following through? I would love to hear your experience!

Kristine

, , , ,

2 Comments

公私混同のすすめ?

こんばんは。

ある日、『公私混同』と言う言葉をどこかで読んで以来、ずっと考えていました。

何を考えていたかと言えば、施術をしてきた中で公私の分別が良い意味でも悪い意味でも出来てしまっている人は9割型何かしらの内臓疾患や婦人病などを抱えていると言うこと。。

この社会に生きていて自分らしさを見つけるのは容易なことでは無いし、難しいのも理解できます。そしてある時期は『どうにか頑張らないと行けない!』状況もあるでしょうし、だからこそ何かに気付いたりも出来ます。

でも『公私混同するな』と言う社会のルールで全てを割り切れるようには身体は出来てなく、その悲鳴が痛み、身体の不調につながり、それでも放って置くと病気があなたを待っています。そんな時に『今、やっていることは本当に自分がしたい事なのか?それともそれは親や回りの期待に応えるためなのか?』と自問自答してみたり、もし『他にやりたい事があるけど、自信は無い』と言うのであれば、まずは自身の身体と向き合ってみてください。必ず何か違うものが見えてくると思うのです。

僕は自分に正直に生きようとしている人が好きです。自分自身もそうでありたいし、実際に何がいつどうなるかも分からない世の中ですから尚更です。去年の地震があり、安全だと思っていた妻の母国ノルウェーでも連続テロ事件が起こったときは『これはどこにいても安全も保証もないし、それだったら自分に素直に生きよう!』と改めて思いましたね。

話は飛びますが、マーチン・ルーサー・キング・ジュニア 牧師では無いですが、僕には夢があります。

それは素敵な大人が増え、そんな大人を見て『早く私もあんな大人になりたいなあ!』と子供たちが言っている世の中です。そしてそんな大人の方のサポート役としてボディーワークが発展し普及していけば、それに越した事はないと思っています。

公私混同、やっぱりダメでしょうか?

それともそんな世の中になっていくのでしょうか?

カズ

, ,

Leave a comment

%d bloggers like this: