肩甲骨エクササイズの先にあるもの??

こんばんは。

“肩甲骨エクササイズ”や“肩甲骨ストレッチ”などよく耳にすると思います。そして動かさないより動かした方が良いのはもちろんです。

でも実際に肩甲骨に意識を向けてトレーニングをした結果はどうでしょうか??

それは満足の行くものですか?それとも『確かに以前よりは姿勢も良くなった気がするし、何となく良い感じだけど未だに肩こりは。。。』と感じていませんか??

 

 

そしてそれには理由があり上記の写真を見ると分かりますが、肩甲骨は鎖骨と肩鎖関節で直接つながっています。と言うことは肩甲骨の稼働範囲は“どれだけ鎖骨が動くか?”でもあるのです。(上腕骨が関与しているのは周知の事実なのでここでは省きます)

でも“鎖骨が動く”と言う認識がある人は世の中にはあまり多くいませんし、認識出来ていない場合は脳に対するメッセージ性が低くなり脳内地図に変化を起こす事は難しいです。だからこそ肩甲骨エクササイズには制限があり、肩こりや50肩が多いのもある意味、当たり前だと思うのです。

ですからマニアックではありますが、鎖骨エクササイズをし始めるとその先に進むことが出来ます(施術をする中でこれは確認出来ています!)ちなみに結局、身体は全部つながっているので鎖骨を動かした先にもまたその先があったりしますが。。

でも簡単に出来るエクササイズとしては鎖骨は3Dで動くものですから、例えば肩関節を回すときに反対の手で鎖骨全体を触れます。そうすると実は鎖骨も回旋する事に気付くと思います。また鎖骨に手を当てたまま腕を様々な方向に動かすとやはり鎖骨もグルグル3次元に動きますのトライしてみてください。

また首の回旋と鎖骨の回旋の関係性とかも探ると面白いですし、上手く出来ると結構、効果ありますよ!

では今回はこの辺で。

 

カズ

Advertisements

, , ,

  1. Leave a comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: