『英語を誰のために話すの??』

こんばんは。

タイトルにある『英語を誰のために話すの?』と質問されたらどう答えますか??

これは案外、重要です。

でもこの質問の答えに『他者のために』と言う答えが出てくると違うレベルに行けると思うのです。なぜかと言うと、日本人が英語を話すのをためらっているのは結局は『自分が恥をかきたくない。。』とか『通じなかったらどうしよう。。失敗したくない』と言うことが多いからです。でも赤ちゃんが言葉を覚えていくときはどうでしょうか??最初は「ママ』すら上手く発音できませんし、ちゃんと文章で話せるようになるのはかなりの時間を要します。実際、僕は『おにぎぎり』と幼稚園?ぐらいまで言っていた覚えがあります。。

これは私事ですが、自分の英語が一番上達したのは『目の前にいる人と理解し合いたい!!』と本当に思い始めた時です。もちろん最初は語彙や言い回しに制限があったので、上手く話せません。でもその時に『理解し合いたい』と言う前提で話すと相手はどうにか意図を読み取ってくれて僕のつたない英語を言い換えてくれ、そこから『ああ、そうか、そうやって英語で言えばいいんだ!』と少しづづですがボキャブラリーも増えてくるのです。

Seek First to Understand, Then to be Understood  By Stephen R. Covey
(理解してから理解される)

『他者のために』英語を話してみると、何かが変わるかも??

ご意見、ご感想お待ちしています!

 

カズ

Advertisements

  1. Leave a comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: