英語勉強法その1

こんばんは。

今日はしばしば質問を受ける『英語を話せるようになるにはどうしたら良いですか?』と言うのにいつもお答えしている事を綴ってみたいと思います。

英語の勉強法は目指す所によって全く勉強方法は違うと思いますが、同じ質問を受けてよく言うのが『普段、日本語で言っている事をひたすらこれは英語で何て言うんだろう?と自問自答して、朝起きてから夜寝るまで全ての思考を英語で“独り言”で言ってみることです。』よく言葉を覚え始めた子供が『お母さんこれ何?お父さんあれは何?』と素朴な疑問をぶつけますよね?そしてだんだんその子供がいつの間にやら日本語を自由自在に操れるようになります。読者のあなたもそうだったはずです。ですから同じプロセスを辿ってあげれば英語は話せるのです。

また英語で話す事になる外国人の方も結局はあなたと共通の話題を持っている人だと思うので、いつも考えている事を英語に出来るようになれば必然的に相手の英語も分かりますし、興味のある範囲で英語が少し分かってくると、英語でのアイデンティティーが出来てきて少し自信が付くのです。英語を上達する過程で痛いのは『英語を話すと自分が小学生以下になったと感じる。。』と言う日本語で話す時と英語で話す時の内容のギャップなのです。でも逆に言うと英語で話している時と日本語で話している時のあなたにギャップがなくなってくればそれはバイリンガルへの階段を上り始めたと言う事なのです。

ちなみにネイティブに習えば英語は上手くなると言うのは神話的な所もあり、もしそれが本当であればとっくに日本人のバイリンガル化は進んでいると思うのです。それはさておき、英語を学ぶのであれば英語を日本人ですごく出来る人に習うか、ネイティブで英語以外の言葉を習得している方と英会話レッスンをした方が英語を話す事の難しさに共感してくれるのでお薦めです。またレッスンをする場合は一回40分とか60分ぐらいですと、丁度英語脳に切り替わり始めた時に『今日もありがとうございました』と言う感じでレッスン終わりの時間が来てしまいますので、一回2時間(2コマ分)ぐらいのレッスンが良いのでは?と考えています。一時間超えた辺りから、恥ずかしさも消えてきて内容のある話が出来て、しかもそういう時に話した事は記憶にも留まりやすいです(もちろん相手/相性にもよりますが。。)でもよくあるケースは週に1回か2回、何となく英会話を続け毎回レッスン後にやった気になってそれを1年、2年と続けて海外旅行ぐらいは何とかなるけど、現地の人との話は。。もしくは海外の講師がワークショップなどで来ても『言っている事は何となく分かるけど、質問や会話は。。』となってしまうのです。

ですからまずはあなたの思考を独り言でぶつぶつと英語にしてみましょう!!

ご意見、ご感想お待ちしています。

カズ

Advertisements

, ,

  1. Leave a comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: