安藤忠雄の仕事学、〜イノベーションをもたらす独創思考〜

こんばんは。

昨日は安藤忠雄さんの講演会に行って来ました!

僕は建築については全くわかりませんが、彼の仕事に対する情熱や人間性を肌で感じたいと思い講演を聞きに行きました。感想は一言で良かったです!!

かなり無茶苦茶な所もありますが、福島出身の切実な問題を抱えている人に対しての対応は“本気度”が垣間見えて『ああ、あの目で仕事に向き合っているんだな』とその表情を見れただけでも行った甲斐がありました。

講演に行く前に『安藤忠雄 仕事をつくるー私の履歴書』を読んだのですが、気になった所を以下に抜粋します:

『私自身、旅の経験から多くを学んだ。とにかく自分なりの見方というものを探りながら考え追求しつづけた。ただ建築物の表層を見るのではなく、つくり手の人間性やその人生、そしてその建築が出来た時代性も含めて、読み取らなくてはいけない。ひたすら歩いて建築を見ながら、思考を巡らす。その経験が、貴重な財産となる。』

『チャンスはどんな人にも均等に訪れる。ただ、それを活かせるのは常に問題意識を持って、考え続けることのできる人間なのだと思う。』

自分自身の場合は建築よりも人間に興味があるので、今までの人生の旅でたくさんのいわゆる結果を出して来たあらゆる分野の方に出会いました。そしてその中でその方達の考え方、生き方、仕事の意味、ビジョン、人間性に触れ、現在の僕自身が考えるベストな方法を選んで生きて来たつもりです。そこで改めて安藤さんの講演会を聞いて、“問題意識を持って考え続ける”事の重要性を認識すると共に、そうすれば自分もいつかは人間一人一人が自分らしさを持って生きる手助けが出来るボディーワーカーになれるのかな?と思った昨日でした。

カズ

Advertisements

,

  1. Leave a comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: