ストレッチって何?

こんばんは。

タイトルにある『ストレッチって何?』と言う質問をしたらみなさんはどう答えますか??

Wikipediaによると

ストレッチ(: stretch)あるいはストレッチング(: stretching)は、スポーツや医療の分野において、体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすことをいう。 筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げるほか、いろいろなメリットをもたらす。”

と書いています。そして上記の定義を読んで『そうだね。』と納得するのが一般的だと思います。そして自分自身も大学を卒業した当時はそう思っていました。。ただストレッチは本当に“いろいろなメリットをもたらす”ものなのでしょうか?そしてストレッチは必要なんでしょうか?

答えを言うと、必要か必要で無いかは状況によります。英語で良く言う“It depends..”ですね。

例えばハムストリングスのストレッチですが、これを思いっきり『伸ばすぞ~』と言う感じでやりその直後にダッシュをするとハムストリングスの肉離れ、もしくはどこかケガをしてしまう確率が増えます。なぜかと言いますと、ハムを『伸ばすぞ~』とストレッチをすると脳は『了解です。弛緩させれば良いんですね!』とメッセージを受け、本当にそうしてくれます。ただダッシュをする時はハムストリングスを弛緩する事が必要ですか??それとも収縮が必要ですか??答えはもちろん収縮ですから脳は『えっ?だってさっきゆるんでって言ったよね?でもダッシュをその直後にされても。。』となり、ケガをするのです。

またストレッチポールやテニスボールなどでストレッチ/リリースする方法がありますが、やり方によっては良い結果が出ると思いますし、意図を間違えればもちろんそういう結果が出てしまいます。

トレーニングの原則で特異性の原則 (SAID Principle=Specific Adaptation to Imposed Demand)と言うのがありますが、簡単に説明すると『身体は“常に”行った事に対して“そのまま”適応する』と言う事です。ですから特異性の原則を考えた時にストレッチポールやボールで身体を緩ませたら、脳は誰が何をやっていると言うのを常に理解していますからストレッチポールで緩んだからと言って、それが必ずしも脱力の出来ている動きには繋がらないと言うことです。

でもいつも身体が緊張している方であれば、まずは緩ませて過緊張を取り除き、そこから正しい動きのパターンを脳に対して再教育するのは良い方法だと思います。ただ正しい動きのパターンには個人差がありますし、最初から素晴らしい動きは出来ません。そこで目指すべき所は昨日よりも“相対的”に良い動きのパターンであり、これは長期的に取り組むことが出来、上を見れば切りがありませんし、下を見ても同様です。

結論としては“みんなが良いと言っているもの=本当に健康的”とは限らないわけであり、メリットがあるものは必ずデメリットがあると言うことです。エクササイズ=健康と言う方程式ももちろん成立せず、エクササイズは完全に“諸刃の剣”です。そうでなければ『エクササイズ業界が繁栄すればするほど、腰痛が増えている』と言う統計は生まれません。

そんな現状ですが、『ではどうしたら本当の意味で健康的な身体をお客様に提供できるのだろう?』と考えているトレーナー、ボディーワーカー、施術家もたくさんいらっしゃいますし、自分自身もそうでありたいと日々、模索中です。またこのブログの読者の方がここに書いてある情報を元に少しでもメディアに流されない知識を付けて頂ければ嬉しいです。

アラ

Advertisements

, , , , ,

  1. Leave a comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: